Information

話題ごとに「それが知りたいならば,ぜひこれを」と編集部がお薦めする記事をピックアップしました。

2008年ノーベル物理学賞は日本人3氏!( 2008-10-07 )
今年もノーベル賞の季節がやって参りました! 10月6日は生理学・医学賞,7日に物理学賞,8日に化学賞です。 物理学賞ではついに,ついに,南部陽一郎先生と「小林・益川理論」の小林誠先生と益川敏英先生が受賞しました! 毎年のように「今年こそは!」と名前の挙がる先生方でした。 今年の物理学賞の共通テーマは「対称性の破れ」でしょうか。南部先生は自発的対称性の破れを定式化し,小林・益川両先生はPC対称性の破れを標準モデルの枠組みで説明しました。この理論で,クォークには3世代以上が存在することを“予言”し,のちに確認されました! 南部先生は米国国籍を取得されたので「物理学賞は日本人3氏」は厳密には違うのですが,まぁ,良しとして下さい。 さて,昨日の生理学・医学賞を紹介したページでも書きましたが,関連する記事を期間限定で価格を下げて販売します。「対称性の破れ」は関連記事がありすぎて,困ってしまいますね。 明日の化学賞の発表を待って,どの記事にするかを決めます。お楽しみに!