Information

話題ごとに「それが知りたいならば,ぜひこれを」と編集部がお薦めする記事をピックアップしました。

2010年ノーベル生理学・医学賞は試験管ベビーの父!( 2010-10-04 )
今年も,この季節がやってきました。 今年のノーベル生理学・医学書の受賞者は,英国のロバート G. エドワーズ博士。 受賞理由は「ヒトの体外受精」に対する貢献です。 エドワーズ博士は1978年7月25日に生まれた世界で最初の試験管ベビーの“生みの親”と言うべき人物です(もちろん,生物学的なお父さんではないですよ。エドワーズ博士は不妊治療医です)。 下に上げた2003年9月号の記事は,最初の試験管ベビーであるルイーズさんが25歳の誕生日を迎えたのをこの25年の世論の変化や不妊治療の進歩などを振り返る記事です。 この記事を期間限定でキャンペーン価格で提供いたします。ぜひ,ご利用下さい。
クローンベビーはパンドラの箱か?
日経サイエンス
2003年9月号 / 026ページから