Information

話題ごとに「それが知りたいならば,ぜひこれを」と編集部がお薦めする記事をピックアップしました。

ハイゼンベルクの不確定性原理を破った! 小澤の不等式を実験実証 【無料】( 2012-01-16 )
 「小澤の不等式」。数学者の小澤正直・名古屋大学教授が2003年に提唱した,ハイゼンベルクの不確定性原理を修正する式です。小澤教授は30年近くにわたって「ハイゼンベルクの不確定性原理を破る測定は可能」と主張し続けてきましたが,このたびついに,ウィーン工科大学の長谷川祐司准教授のグループによって実験で実証されました。小澤の不等式が成立し、ハイゼンベルクの式が成立しない測定が存在することが確認されたのです。  1927年にハイゼンベルクが提唱した不確定性原理の式と、小澤の不等式がどのように違うか。また今回の実験で,何をどのように測定したのか、その概略をまとめました。小澤教授の不等式ができるまでを詳報した「物理学の常識に挑む数学者」も併せてご覧下さい。 (リンク) [url=https://www.nikkei-science.net/uploads/20120116.pdf]「ハイゼンベルクの不確定性原理を破った! 小澤の不等式を実験実証」[/url] (2012 年1月16日付「きょうの日経サイエンス」) [url=https://www.nikkei-science.net/uploads/200409_052.pdf]「物理学の常識に挑む数学者」[/url](2004年9月号) ※上記の二つの記事は会員登録不要で無料でご覧いただけます。