Information

話題ごとに「それが知りたいならば,ぜひこれを」と編集部がお薦めする記事をピックアップしました。

日経サイエンス9月号をさらに深読み!( 2012-07-25 )

現在発売中の日経サイエンス9月号,巻頭特集はもちろん「ヒッグス粒子」です。この粒子の発見は現代物理学の記念碑的な出来事。そこで今月は,素粒子物理学の「標準モデル」とヒッグス粒子,質量の起源や「対称性の破れ」の考え方を解説した過去記事をいくつか選び,1本300円の特別価格にてダウンロード販売でご提供いたします。
対象は以下の5本です。

2009年5月号 中島林彦「対称性の破れが生む多様性」
2008年5月号 C. クイッグ「ヒッグスだけじゃない LHCが変える素粒子物理学」
2005年11月号 G. ケイン「質量の起源に迫る」
2003年9月号 G.ケイン「標準モデルを超えて 新しい物理学の夜明け」
1987年1月号 M.J.G. ベルトマン「ヒッグス・ボソンは実在するか」

 「対称性の破れが生む多様性」と「質量の起源に迫る」は,ヒッグス粒子(ヒッグス場)が万物に質量を与えるメカニズムを掘り下げて解説したもの。よく「自由に飛び回っていた質量ゼロの粒子がヒッグス粒子の海のなかに入って抵抗をうけ,質量を持つようになった」という風に説明されますが,そうしたたとえ話ではとらえきれない深い意味が見えてきます。
 「ヒッグスだけじゃない LHCが変える素粒子物理学」と「標準モデルを超えて 新しい物理学の夜明け」は,盤石となった標準モデルのさらにその先に見えてくる世界像と,それを追究する研究最前線を紹介した記事です。
 「ヒッグス・ボソンは実在するか」はやや古い記事ですが,電弱相互作用に関する研究で1999年のノーベル物理学賞を受賞したフェルトマン(記事ではベルトマンと表記)による興味深い論文。この記事が執筆された1980年代後半,ヒッグス粒子の探索はすでに大きなテーマでしたが,発見の兆候すらなかったため,存在を懐疑的に見る専門家もいたようです。フェルトマンは冷静な見方に基づいて可能性を展望しています。
ただし最後の「ヒッグス・ボソンは実在するか」は通常のダウロード販売の対象ではなく,今回新たに誌面をスキャンして作成したため,印刷した際文字の一部が荒くなることがございます。ご容赦ください。

※なお勝手ながら,お値引きでのご提供は9月号の発売期間中,8月24日18時までとさせていただきます。

ノーベル賞受賞記念
対称性の破れが生む多様性

日経サイエンス
2009年5月号 / 082ページから
革命前夜の物理学
ヒッグスだけじゃない──LHCが変える素粒子物理学

日経サイエンス
2008年5月号 / 042ページから
質量の起源に迫る
日経サイエンス
2005年11月号 / 072ページから
標準モデルを超えて
新しい物理学の夜明け

日経サイエンス
2003年9月号 / 046ページから
ヒッグス・ボソンは実在するか
日経サイエンス
1987年1月号 / 076ページから