Information

話題ごとに「それが知りたいならば,ぜひこれを」と編集部がお薦めする記事をピックアップしました。

日経サイエンス12月号をさらに深読み!( 2012-10-26 )
 現在発売中の日経サイエンス12月号,お楽しみいただけていますか?
 巻頭は2012年のノーベル賞受賞研究の緊急特集。メインはもちろん,山中伸弥・京都大学教授のiPS細胞です。  今月は,誌面には載せきれなかった物理学賞を中心に,受賞が決まった科学者が自ら執筆した本誌記事をPDFで復刻し,特別価格200円にてダウンロード販売でご提供いたします。  対象は以下の4本です。 【ノーベル物理学賞】 サイエンス 1990年3月号 J.J.ボリンシャー/D.J.ワインランド「微小プラズマの物理」 サイエンス1980年10月号 P.エクストローム/D.ワインランド 「単一電子で測定したg因子」 日経サイエンス1993年6月号  S.ハロシ/J.-M.レイモンド(※当時はアロシュをハロシと表記)「共振器の中の量子電磁力学」 【ノーベル生理学・医学賞】 1982年6月発行 別冊サイエンス52 J. B. ガードン「卵への核移植とクローン・ガエル」  ノーベル物理学賞は米国立標準技術研究所のワインランド博士と,フランスの高等師範学校/コレージュ・ド・フランスのアロシュ教授に贈られます。授賞理由は「個別の量子系の測定や操作を可能にする画期的手法の開発」。  「微小プラズマの物理」はイオンなどの荷電粒子を電磁トラップに捕捉して詳しく調べる技術,「単一電子で測定したg因子」は電子を捕捉してg因子という数値(電子のスピンに関連する定数)を精密に測定した実験について,ワインランド博士が解説した記事です。  「共振器の中の量子電磁力学」は,共振器のなかに閉じ込めた原子が量子力学の法則に従って光(光子)を吸収したり放出したりすることを確かめた精巧な実験について,アロシュ教授(この記事ではハロシと表記)が詳しく述べています。これらを読むと,今回の受賞に至る研究の軌跡を知ることができます。  「卵への核移植とクローン・ガエル」は山中教授と生理学・医学賞を共同受賞する英ケンブリッジ大学のガードン教授がSCIENTIFIC AMERICANの1968年12月号に執筆した記事で,翻訳は別冊サイエンス52『遺伝子組み換えと細胞工学』(1982年)に掲載しました。  内容は標題の通り,カエルの体細胞の核を卵に移植して発生させた歴史的な研究です。本誌12月号に再録した「最初のリプログラミング実験」(1979年)と併せて読むと,iPS細胞研究の源流となったガードン教授の基礎的な仕事を明快に理解できるでしょう。  他にも関連記事はございます。ご参考までにどうぞ。(※こちらはお値引き対象外となります) ※ノーベル財団推奨一般向け記事 日経サイエンス2008年11月号  C. R. モンロー/D. J. ワインランド 「イオンで作る量子コンピューター」
卵への核移植とクローン・ガエル
日経サイエンス
1968年12月号 / 054ページから
単一電子で測定したg因子
日経サイエンス
1980年10月号 / 054ページから
微小プラズマの物理
日経サイエンス
1990年3月号 / 080ページから
共振器の中の量子電磁力学
日経サイエンス
1993年6月号 / 060ページから
イオンで作る量子コンピューター
日経サイエンス
2008年11月号 / 042ページから