Information

話題ごとに「それが知りたいならば,ぜひこれを」と編集部がお薦めする記事をピックアップしました。

世界で最も注目された研究者に阪大・審良静男先生!( 2007-03-08 )
文献情報を提供している米国のトムソンサイエンティフィック社が,2005?2006年度に最も注目された研究者(Hottest Researcers)のランキングを発表しました。それによると,大阪大学の審良静男先生がトップ!! 何と,2年連続です。審良先生の研究テーマである「自然免疫」やその要となる「Toll様受容体」は下に挙げた記事でじっくりと紹介しています(この記事,実は審良先生に翻訳していただいてます)。 同社によると,2年連続のランクインは審良先生とマサチューセッツ工科大学の テグマーク博士だけ。テグマーク博士の「並行宇宙」も話題になりました。 このランキングは文献の引用回数を多い順に並べ,上位0.1%を注目の論文(Hot Paper)としています。Hot Paperを何本書いたかで,ランキングが決まります。 同社のこのランキングに関するページ http://scientific.thomson.com/press/2007/8366084/
もうひとつの防御システム
自然免疫の底力

日経サイエンス
2005年4月号 / 044ページから
並行宇宙は実在する
日経サイエンス
2003年8月号 / 026ページから
量子力学100年の謎
日経サイエンス
2001年5月号 / 054ページから