超重力理論

D. フリードマンほか
197804

日経サイエンス 1978年4月号

15ページ
( 4.8MB )
コンテンツ価格: 306

自然界の4つの力のうち,最後まで統一できなかった重力をも統一できる理論が現われた。

本記事は,誌面をスキャナーで読み込んで作っていますので,印刷した際文字の一部が荒くなることがございます。ご容赦ください。(2012/5/25)



著者:DANIEL Z. FREEDMAN/PETER VAN NIEUWENHUIZEN
フリードマンはニューヨーク州立大学ス卜一二一ブルック分校勤務, 物理学。ウェスレイアン大学,ウィスコンシン大学に学び1964年にPh. D. を得た。その後口ンドン大学インペリアル・カレッジ, カリフォル二ア大学パークレー校,プリンストン高等研究所の各研究員を経た後,1968年より現職。現在はカリフォル二ア工科大学客員教授として本務を離れている。パン・ニューべンホイゼンはニューヨーク州立大学ス卜一二一ブルック分校勤務,物理学。ユ卜レヒ卜大学に学び,ベルトマンの指専のもとに数学・理論物埋学の博士号を得た。1969年より71 年までヨロッパ原子核研究所(CERN)研究員,71 年より73年までパリ大学オルセイ原子核研究所ジョリオ・キュリー研究員, 73年より75年までプランダイス大学勤務,75年より現職。

原題名:SUPERGRAVITY AND THE UNIFICATION OF THE LAWS OF PHYSICS