知の21世紀へ
特集:気球新時代
火星の空を旅する

I. S. スミス
J. A. カッツ
200003

日経サイエンス 2000年3月号

8ページ
( 2.0MB )
コンテンツ価格: 611

気球は地球や惑星の大気上層部を研究する手段として,低コストですぐに結果が出る点が注目され,21世紀にはますます有力な方法になる。
 現在,研究者は地球大気の最上層部に関心をもっており,100日間も滞空できる気球を計画している。2001年の12月に,メリーランド州にある米航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センターで開発されている,巨大なカボチャ形気球を,オーストラリアかニュージーランドのどこかから打ち上げ,地球大気の外縁部(旅客機の飛ぶ高度の4倍高いところ)に浮かべ,数カ月間滞空させようとしている。
 超長時間飛翔気球(ULDB)プロジェクトは,気球技術を上層大気や宇宙空間を研究する低コストの手段とみている多くの科学者が期待している。気球はロケットに比べごくわずかな費用で飛ばせるし,搭載装置を回収し,調整後,再び飛ばせる。科学観測用気球は,これまでに最高で高度52kmまで達したことがあり,搭載容量3600kgのペイロードを上げたことがある。大気の影響がほとんどなくなる成層圏の限界まで到達できるので,ULDBは将来,ハッブル宇宙望遠鏡と張り合うような,強力な望遠鏡を運ぶことになろう。ロケットで気球を地球の大気圏外に運べば,他の惑星やその衛星の大気を科学的に調査できる。