建築家ライトの傑作「落水荘」を守る

R. スィルマン
200012

日経サイエンス 2000年12月号

9ページ
( 3.6MB )
コンテンツ価格: 600

ペンシルベニア州南西部に建つ「落水荘」(カウフマン邸)は,フランク・ロイド・ライトの最高傑作として名高い。「落水荘」は,ベア・ランという滝の上にテラスが張り出していて,まるで建物の下から滝が流れ落ちているように見える。ところが,老朽化が進み,放っておけばこの有名なテラスは壊れてしまうおそれがあるという。米国の数々の記念的建築物の修復に携わってきた著者が,調査に乗り出したが,落水荘が完成するまでの経緯を調べていくうち,ライトが,構造設計事務所の忠告を無視してデザインを優先させるなど,当初からテラスの設計に不備があったことがわかった。また,現在の建物の構造の状況,修復計画についても語る。