フロイト再来の悪夢

J. A. ホブソン
200408

日経サイエンス 2004年8月号

1ページ
( 672KB )
コンテンツ価格: 407

 心の働き方に関するフロイト学説の中心にあるのが,夢には意味があるという考え方である。ソームズをはじめとする研究者たちは,近年における脳の画像解析や病変部位の研究によって,フロイト学説が実証されつつあると主張している。しかし,同様の方法を用いた他の科学的研究の結果は,フロイトの学説の主要な部分が,おそらくは誤りであることを示している。