迷惑メールを撃退する

J. グッドマン
D. ヘッカーマン
R. ラウンスウェイト
200507

日経サイエンス 2005年7月号

10ページ
( 2.7MB )
コンテンツ価格: 713

1978年,世界初のスパムメール(迷惑メール)は,インターネットの先駆けだったアーパネットを通じておよそ400人に送られた。ディジタル・イクイップメント社のマーケティング部門が送ったもので,新型コンピューターDECsystem20の広告だった。
 望みもしない宣伝広告を送りつけてくる「ジャンクメール」は,いまやインターネット上を行き交うすべての電子メールの2/3を超え,毎日数十億通に上る。電子メールユーザーの1/3の人々にとって,受信メッセージの約80%がスパムメールだ。最近のスパムはより巧妙になり,信頼のおける人や公的な機関から送信されているかのように送信元を偽装し,クレジットカード番号や個人情報を盗もうとするいわゆる“フィッシングメール”が急増している。ガートナーリサーチの2004年の調査によると,フィッシングの被害は年間約12億ドルに上る。
 「スパム」を広く解釈した場合,その対象は電子メールに限らない。チャットルームには“ロボット”が潜み,人間のふりをしてポルノサイトへのリンクをクリックするように誘ってくる。インスタントメッセージ(IM)のユーザーはスパムのIM版ともいえる「スピム」に悩まされている。さらにブログも台無しにされることがある。“リンクスパマー”が紛らわしいリンクを追加し,ブログサイトやブログ内のリンクの利便性を損ね,インターネット検索エンジンの表示ランキングまでも無効にするのだ。
 息が詰まるようなスパム被害の現状を見ると,インターネット全体が破壊されないまでも悪影響を与えるのは明らかだ。ただし,スパム対策も進展を見せている。スパムを遮断し,スパマーの行為を阻止する技術が研究され,開発段階のものも多くある。
 この記事で述べる方法はジャンクメール対策に重点を置いているが,その多くは他の形態のスパムにも適用できる。どの方法も単独では完璧な解決策にはならないが,多くの人が複数の手法を組み合わせて利用すれば,驚くべき成功を収められるだろう。私たちのメールボックスからスパムが消える日が訪れるのもそう遠くはない。