スペシャルリポート エイズウイルスへの挑戦
ワクチン開発は続く

D.I.ワトキンス(ウィスコンシン大学)
200902

日経サイエンス 2009年2月号

10ページ
( 2.1MB )
コンテンツ価格: 713

 1983〜84年にエイズを引き起こすヒト免疫不全ウイルス(HIV)が特定されると,感染を予防するワクチンがすぐに開発されるだろうと専門家を含めた誰もが思った。だが,その楽観論を裏切り,25年たった今も効果的なワクチンはない。
 HIVワクチンが難しいのは,このウイルスが感染者の体内でどんどん変異して姿を変えるからだ。せっかくワクチンによって免疫系が迎撃態勢を整えるように仕向けても,変異したHIVは認識されにくい。
 最近になって,期待のワクチン候補が開発中止になる例が相次いだことから,米国立衛生研究所(NIH)はワクチン開発よりも基礎研究に力を入れるとの方向転換をした。たとえば,これまでの失敗の原因を徹底的に調べることや,HIVに感染されながらもその複製が本人の免疫系によって自然に抑えられている「感染克服者」を調べることなどだ。研究者間のネットワークを強化するコンソーシアムも設立された。HIVは手強い相手だが,科学者たちは決してあきらめてはいない。