パンデミック対策のカギ
ワクチン増強剤

N. ギャルソン(グラクソ・スミスクライン・バイオロジカル)
M. ゴールドマン(ブリュッセル自由大学)
201001

日経サイエンス 2010年1月号

10ページ
( 6.1MB )
コンテンツ価格: 713


 新型インフルエンザが猛威を振るっています。優先順位の高い人からワクチン接種が始まりましたが,希望者数に対して数が足りないことから医療現場では混乱も見られるようです。今回の新型インフルに対する国内ワクチンには使われていませんが,ワクチンにはその効果を高める増強剤があるのをご存知でしょうか? 実は,輸入ワクチンには使われています。増強剤を使うと,1人あたりの接種量を減らすこともできるので,今回のように,ワクチンが不足しているときには大いに威力を発揮します。
 その強力な助っ人の名は「アジュバント」。ビタミンEやある種の脂質などいろいろなタイプがあり,欧米でよく使われているアルムには70年の歴史があります。とはいえ,ここに来てがぜん注目を集めているのにはもちろん理由が…。
 長い間,なぜアジュバントがワクチンの効果を高めるのか,詳しくわかっていませんでした。激しい炎症を招くといった副作用が出ることも多く,製薬会社は新しいアジュバントの開発に対してそれほど熱心ではなかったというのが実状です。
 こうした状況を変える契機となった要因は2つ。1つは1980年代のエイズの出現です。原因となるHIVに対するワクチンを作ろうと,あらゆる知識が総動員され,考えつくすべてのアイデアが試されました。このとき,新規アジュバントの探索も進み,貴重なデータが集まったのです。
 もう1つは,90年代に入り,「自然免疫」に対する理解が格段に高まったこと。大阪大学の審良静男教授らによる功績が大きい研究分野です。これによって,免疫系はどう働くのか,アジュバントはなぜ効くのかが少しずつわかり,アジュバントを設計することが可能になったのです。
 適切なアジュバントを使えば,高齢や疾患のために免疫力が低下した人や,まだ十分に発達していない乳幼児など,一番必要性が高いのに,既存のワクチンでは十分効果が得られないような人たちにも感染予防効果が期待できます。さらには,マラリア病原虫やがん細胞へのワクチンなどにも,アジュバントが期待され,臨床試験ではよい結果が得られています。