銀河はどこへ行った?

J. E. ギーチ(マギル大学)
201108

日経サイエンス 2011年8月号

10ページ
( 5.0MB )
コンテンツ価格: 713

 宇宙を構成する物質(エネルギー)のほとんどは正体不明の暗黒エネルギーと暗黒物質が占め,星々さらには私たちを形作っている普通の物質は全体の4%にすぎないことがわかってきた。だが,この“4%” についても大きな謎がある。銀河は群れ集まって銀河団を形成するが,それらを構成する星やガスを合算しても4%には到底達しないのだ。普通の物質の大半はどこに隠れているのだろう? 宇宙望遠鏡による観測や理論研究でその所在がわかってきた。宇宙を数十億光年スケールで見ると,銀河団を結節点とする巨大なネットワーク構造が浮かび上がる。それら結節点どうしを結ぶフィラメントに相当する領域に,莫大な量のガスが存在するようだ。

再録:別冊日経サイエンス196「宇宙の誕生と終焉 最新理論でたどる宇宙」