超新星爆発のメカニズム

H. A. べーテ
G. ブラウン
198507

日経サイエンス 1985年7月号

12ページ
( 7.2MB )
コンテンツ価格: 204

本記事は過去のノーベル賞受賞に関連する論文について,読者アンケートでリクエストの多かったものを復刻版として販売しています。
そのため,誌面をスキャナーで読み込んで作っていますので,画面がやや粗めで,文字検索もできませんが,何卒ご了承ください。
2011/12/20

 ベーテは「原子核反応理論への貢献,特に星の内部におけるエネルギー生成に関する発見」によって1967年のノーベル物理学賞を受賞した米国の物理学者。
 この記事は受賞から18年ほど後に執筆されたもので,星の内部でのエネルギー生成からさらに研究を発展させ,超新星爆発がどのように起こるのかに迫っている。星が自分の重力でつぶれる過程や,それによって生じる衝撃波の伝わり方など,当時としては最新の理論とコンピューターシミュレーションをもとに,生き生きと描き出している。