生物時計を動かす遺伝子

M. W. ヤング
200006

日経サイエンス 2000年6月号

10ページ
( 2.3MB )
コンテンツ価格: 700

あらゆる生物の体内では生物時計(体内時計)が24時間ごとの時を刻んでいる。この時計を動かすのは,複数の遺伝子とそれらがつくりだすタンパク質だ。生物時計の基本的な仕組みは,ショウジョウバエでもマウスでもヒトでも,共通している。人間の場合は,生物時計の中心は脳の視交叉上核と呼ばれる部分にあるが,ショウジョウバエでは,脳の細胞だけでなく,羽や足,触覚など,体内のさまざまな場所に時計がある。生物時計の基本的な仕組みは,ショウジョウバエでもマウスでもヒトでも,共通していることがわかった。
 著者たちは,実験室内で人工的に時差のある環境を作り出し,ショウジョウバエを移動させることによって,脳の細胞内の時計がどう変化するかを観察した。ショウジョウバエに光を当てると,脳の細胞内にあったPERとTIMというタンパク質からなる複合体が分解し,別のCYCLEとCLOCKというタンパク質の複合体が合成される。これら2種類のタンパク質複合体はそれぞれ他のタンパク質複合体の遺伝子を不活性化させる働きがあり,タンパク質量が情報としてフィードバックされる仕組みになっている。
 こうした研究が進めば,睡眠障害や季節性のうつ病の治療にも役立つものと期待されている。(編集部)