特集:様相変わる戦争
戦場に駆り出される子供たち

N. G. ブースビー
C. M. クヌドセン
200009

日経サイエンス 2000年9月号

7ページ
( 1.8MB )
コンテンツ価格: 611

世界の貧しい国々の軍司令官にとって,子供はあらゆる戦略の遂行に欠かせない存在だ。子供は大人の兵士に比べて敏しょうで,感化しやすく,いざという時に見捨てることも簡単だ。危険な検問所で監視させたり,地雷を見つけさせたり,敵の陣地に潜入させたりもできる。子供ならではの道徳,慈悲などに対する感受性の強さも,訓練によってたたきのめし,捨てさせてしまえる。
 子供へのそんな仕打ちはまれにしかないと,誰もが思いたい。しかし,現実は違う。毎日,世界中で子供たちは連れ去られ,軍隊の兵士に採用されている。推定によれば,30 万人もの子供が,アジア,ヨーロッパ,アフリカ,南北アメリカ,旧ソ連の36 の紛争に参加している。シエラレオネの反乱軍では,全軍の80 %が7 ? 14 歳の少年だ。1989 年から1997 年まで続いたリベリア内戦では,7 歳児が戦闘に参加していた。名目上は1980 年代初めに終結したカンボジア内戦では,負傷兵の1/5 が10 ? 14 歳の少年たちで占められていた。
 多くの人は「少年兵士」という言葉を聞き,CNN テレビの映像で見るような,自動小銃を手にした10 代の少年を想像する。だが現実には,政府軍もゲリラ軍も,6 歳になったばかりの幼い少年少女を雇っている。年少の子供はスパイ,運び屋,料理番などに使う。年長になると,武器をとり,戦闘に参加するようになる。子供は家族のもとから連れ去られることもあるが,自らの身の安全と生き残りをかけ,進んで武装勢力に入隊する場合もある。私たちはアフガニスタン,ルワンダ,モザンビーク,カンボジアでの活動を通じ,少年兵問題の広がりと根の深さを見てきた。18 歳未満の少年兵は広く採用されている。