特集:21世紀への課題
化学物質開発の新たな視点

田辺信介
200012

日経サイエンス 2000年12月号

5ページ
( 1.9MB )
コンテンツ価格: 509

20世紀には膨大な種類の化学物質が開発され,社会に豊かさをもたらした。しかし,環境ホルモン問題などをきっかけに化学物質の安全性への懸念も強まっている。人類が化学物質と共存する道はあるのか。
 20世紀後半の石油化学工業の発展に伴い,大量の化学物質が野生生物に蓄積していることがわかってきた。野生生物が汚染されているからといって,ただちに人間の健康に影響が及ぶわけではない。しかし,これまでは化学物質が生態系にどんな影響を及ぼしているのか,ほとんど研究されていない。人間への影響を調べるうえでも,まず野生生物のデータを集め,生物界に内在する法則を解明したり,体系的なリスク評価手法を確立することが重要になる。