特集:幕開ける脳科学の世紀
精神疾患から探る脳
精神分裂病は解明できるか

話し手 計見一雄(千葉県精神科医療センター長)
聞き手 茂木健一郎(ソニーコンピュータサイエンス研究所リサーチャー)
200101

日経サイエンス 2001年1月号

3ページ
( 1.4MB )
コンテンツ価格: 509

 精神疾患は私たちが避けて通ることのできない問題だ。他の身体の病気に比べ,機能の面から病気に迫ろうという見方が遅れていることにも,治療や予防を難しくしている原因があるのではないか。急速に進展する脳科学によって,精神分裂病で苦しまなくてもよい時代はくるのだろうか──。精神科の救急医療の現場で活躍する臨床精神科医に,「脳とクオリア」で知られる気鋭の脳科学者が,分裂病とはどんな病気か,この病気の解明にはどんな考え方が有効なのかを聞く。(編集部)