特集:宇宙論の新展開

編集部
200104

日経サイエンス 2001年4月号

2ページ
( 1.8MB )
コンテンツ価格: 407

宇宙論は,実験を繰り返しながら,理論のつじつまを合わせていくことができない。そこで宇宙論の研究者は,確認ずみの物理学の基礎とそれまでの宇宙論の研究成果を踏まえて,宇宙が誕生してから今日に至るまでの経過を論理立てて説明し,理論を構築しようとする。宇宙がビッグバンから始まったとする標準ビッグバン理論は,相対性理論に基づいており,素粒子物理などの研究成果を踏まえている。
 ただ,宇宙論は説明が行き詰まれば,新たな考え方を導入する必要がでてくる。宇宙が初期に加速膨張したとするインフレーション理論はその1 つの例だ。こうした新たなアイデアを入れることにより,宇宙論は発展してきた。宇宙論は現在,変革期に差し掛かっている。従来の理論では解けない「真空のエネルギー」といった新たな課題が出てきたからだ。1998 年の超新星の観測による宇宙の加速膨張の発見や,気球による宇宙背景放射の観測結果など新たな事実も出てきている。
 2001 年夏には,マイクロ波で宇宙の異方性を観測する探査機(MAP)の打ち上げが計画されている。高性能の観測機器を搭載したMAP は,初期宇宙の画像を撮れるだろう。こうした観測から標準ビッグバン理論やインフレーション理論などは,完成度の高い宇宙論へと進化していくだろう。