機械は自己複製できるか

M. シッパー
J. A. レッジア
200111

日経サイエンス 2001年11月号

12ページ
( 2.1MB )
コンテンツ価格: 713

 リンゴはリンゴを生むが,機械は機械を産めるか? 自己複製ができるかどうかは,長い間,生物と無生物を峻別する基本的な特性と考えられてきた。これまで生物の自己複製についてほとんど理解されていなかったため,自己複製は長い間神秘のベールに包まれ,人工物が自己複製できるはずがないと思われてきた。
 機械の自己複製が哲学から科学技術のテーマになったのは,天才的な数学者で物理学者だったフォン・ノイマン(John von Neumann)の1940年代後半の研究以降だ。フォン・ノイマンが開発したセルオートマトンをコンピューター上で実現すると,私たちが住んでいる宇宙とは異なる物理法則をもったいろいろな小宇宙での,膨大な種類の自己複製が実験できる。
 最近の研究の進歩によって,自己複製の夢物語に現実性が出てきた。自己複製の研究で得られる成果は,有益な技術と破壊的技術の峻別に役立つはずだ。