創刊30周年記念最優秀論文
21世紀のガン治療
NK4によるガン休眠療法

松本邦夫
中村敏一
200201

日経サイエンス 2002年1月号

12ページ
( 2.4MB )
コンテンツ価格: 700

すべてのガン細胞はそのルーツをたどれば,もともと私たちの身体を構成していた1個の正常細胞にたどりつく。たったひとつの正常細胞が分裂していく過程で,秩序立った細胞分裂を制御する遺伝子に変異が生じ,そのような遺伝子変異は細胞分裂によって生じる子孫の細胞にあまねく伝えられる。
 腫瘍はその性質から良性腫瘍と悪性腫瘍(ガン)に分けられる。良性腫瘍は周囲の組織に広がることはないが,悪性腫瘍は周りの組織を破壊しながら血管やリンパ管に侵入し,やがて遠く離れた臓器に転移する。ガンで亡くなる人の多くは,原発腫瘍ではなく,様々な臓器に転移したガンで命を落としている。
 腫瘍が成長するには細胞の増殖に不可欠な酸素や栄養素がガン細胞全体に行き渡らなければならない。ガン細胞は宿主の血管から新しい血管の形成を促す腫瘍血管新生因子を分泌する。血管新生因子によって腫瘍組織内に新たな血管網がつくられ,腫瘍は著しく増大する。腫瘍の成長は腫瘍組織内での血管新生に依存するので,腫瘍組織に血管が達しなければ腫瘍は成長しない。
 著者らが発見したNK4という分子は,ガンの浸潤・転移や血管新生を高い効率で阻止する。NK4は血管新生を阻害して腫瘍の成長を抑制する一方,ガン細胞の動きを止め,悪性腫瘍を良性腫瘍のような“休眠状態”に封じ込める。実験動物に移植したヒトのすい臓ガンや肺ガンなど様々なガンで,NK4の投与や遺伝子治療による制ガン効果が確認されている。