口臭の科学
なぜにおう?どう防ぐ?

M. ローゼンバーグ
200207

日経サイエンス 2002年7月号

8ページ
( 2.5MB )
コンテンツ価格: 600

古くから人間は口臭(Halitosis)の存在を意識していた(halitus: ラテン語で「息」,-osis: ギリシャ語で「異常な状態」)。しかし口臭への関心が高まるにつれ,現在では細菌学,化学,生理学,心理学などにまたがる学際的な研究テーマとして科学的にも注目されるようになってきた。
 科学的な研究の隆盛は,人々の口臭への関心(あるいは強迫観念)の表れだ。ある市場調査によると,2000年の米国における歯磨き剤の売り上げは18億ドルに達する。また口腔ケア用のチューインガムに約7億1500万ドル,洗口剤やデンタルリンス類に約7億4000万ドル,歯ブラシやデンタルフロスに約9億5000万ドルが費やされている。
 これらの製品を購入するのは主に口腔の健康のためだが,口臭を抑えたいという目的もあることは確かだ。さらにガムや洗口剤以外にも,ミントなどのキャンディー類の売り上げが6億2500万ドルあるが,これらはまさに口臭を抑える目的で購入されている。
 口臭の基本的な原因はすでにかなりよくわかっている。国際口臭学会の共同設立者であるベルギー・カトリック大学のステーンベルヘ(Daniel van Steenberghe)とその共同研究者,およびイスラエル・テルアビブ大学の私たちのグループが行った研究によれば,口臭のおよそ85?90%は口腔から発生する。腋の下やむれた足など,身体の湿った部位から生じる他のにおいと同様,口臭は主に細菌の代謝による産物だ。
 口腔内は何百という種類の細菌のすみかになっている。これらの細菌には特にタンパク質を好んで分解するものがあり,その結果生じた化合物が悪臭を放つ。通常,口腔細菌は嫌気性で,さまざまな化合物を発生させる。
 腐った卵のにおいがする硫化水素,糞便臭のメチルメルカプタンやスカトール,少量では香水に使われるが大量では悪臭となるインドール,腐乱死体のにおいのカダベリン,腐った肉のにおいのプトレシン,むれた足のにおいのイソ吉草酸などだ。人間の口臭が不快なのも無理はない。