生命の時計を止める
仮死状態の医療応用

M. B. ロス
T. ニスタル
200509

日経サイエンス 2005年9月号

8ページ
( 1.9MB )
コンテンツ価格: 611

 人体を仮死状態で休眠させたまま,数世紀にわたる宇宙旅行をする──SFではおなじみの場面だが,仮死をもたらす技術は近い将来もっと身近なところに登場するかもしれない。仮死の研究者たちがいま取り組んでいるのは「生命を一時停止させることで,生命を救う」方法の開発だ。たとえ短時間でも失血や虚血による酸素欠乏は死に直結する。重傷者や血管閉塞を起こした患者を酸素消費のない仮死状態に置くことができれば,治療のための“時間稼ぎ”が可能になるはずだ。また移植用臓器の保存時間を延ばすのにも役立つだろう。
 自然界には生命活動を減速させたり止めたりできる生きものがたくさんいる。冬眠する動物や胚のまま成長を止めて休眠する生物は,仮死に近い状態に自らを導くことで,低温や酸素欠乏など過酷な環境条件から体を保護しているのだ。著者らのグループは,こうした動物の観察や実験から,細胞や組織を安全に無酸素状態に導く方法を検討している。具体的には,体内の血液あるいは酸素を別の物質で置き換える方法だ。そのひとつは,食塩水を入れて血液を抜き取る方法で,すでにイヌやブタの実験で有効性が確かめられている。しかしこの方法は合併症などの危険をともなうため,医療には応用しにくい。
 そこで著者らが注目しているのは,硫化水素を使って酸素を置き換える方法だ。マウスを使った実験では,硫化水素を含む大気にさらすことで細胞の酸素消費を止め,仮死状態を誘導することが確かめられた。硫化水素は人体にとって有害だが,人間の体内でも作られており,エネルギー生産速度を調節する物質として働いている可能性がある。
 こうした方法は人間でも有効かもしれない。だが,そもそも人間は仮死状態に入れるのだろうか。雪山で遭難し,呼吸や脈拍のない低体温状態で発見された人が無事生還した例はいくつもある。仮死の医療応用には,こうした事例を分析し,安全に仮死状態に導く条件を明らかにすることが不可欠だろう。