計算尺を知っていますか

C. ストール
200608

日経サイエンス 2006年8月号

9ページ
( 2.1MB )
コンテンツ価格: 611

40年ほど前の技術者は,白いワイシャツに細いネクタイを締め,汚れを防ぐプロテクターをつけたポケットに計算尺を差すスタイルが定番だった(写真)。現在では,ワイシャツとネクタイはパソコンソフトのロゴ入りTシャツに,ポケットプロテクターは携帯電話ホルダーに,計算尺は電卓に姿を変えている。

ここで一度,計算尺を見直してみてもらいたい。30年前にしまった引き出しから引っ張り出してみてほしい。なければ自分で作ってもいい。いかに役立つ道具だったか実感できるだろう。

1970年代までは,計算尺はタイプライターや謄写版(ガリ版)印刷機と同様に広く普及していた。科学者や技術者は計算尺を操ってほんの数秒で乗除算を行い,平方根や立方根を求めることもできた。もう少し操作を加えれば,比率や逆数,サイン,コサイン,タンジェントの値も得られた。

さまざまな用途の目盛りを10数種も備えた計算尺は,一握りの人にしかわからない科学の神秘を象徴する存在でもあった。しかし実際には,使われるのは2つの目盛りがほとんどだった。技術計算は結局,乗除算になるからだ。ピアニストはピアノの全部の鍵盤をくまなく使う。だが,計算尺の全部の目盛りを使うような技術者はめったにいなかった。

計算尺はマホガニーや柘植(つげ)でできたものからおしゃれな象牙やアルミニウム,ガラス製,もちろんプラスチック製まであった。だが,どんなに立派でも実用一点張りでも,対数の原理を用いていることに変わりはなかった。