特集:ミラーニューロンと自閉症
他人を映す脳の鏡

G. リゾラッティ
L. フォガッシ
V. ガレーゼ
200702

日経サイエンス 2007年2月号

9ページ
( 1.9MB )
コンテンツ価格: 611

ジョンがメアリーを見ている。彼女は花を持っている。ジョンにはメアリーが何をしているのかがわかる。花を摘んでいるのだ。また,その理由もわかっている。メアリーがジョンに向かって微笑みかけたので,自分に花をプレゼントしてくれるのだろうと彼は推測する──。ほんの数秒で終わる単純な場面だが,ジョンは何が起きているのかをほとんど瞬時に理解している。だが彼は,メアリーの行為や意図をなぜそんなに簡単に,そして正確に理解したのだろうか。
 
1990 年代にイタリアにあるパルマ大学の私たちの研究グループはちょっとした偶然から,サルの脳にある風変わりなニューロンにその答えがあることを発見した。このニューロンは果物をつかむといった単純で目標志向な行為をする時に活動するのだが,驚くべき点は,同じ行為を行なう他のサルを観察している時にもこのニューロンが活動することだ。この新発見のニューロンは他者の行為を観察者の脳内に直接映し出しているように見えることから,これを「ミラーニューロン」と名付けた。
 
このミラーニューロンの働きによって,他者が行なっている行為をあれこれ推論しなくても理解できるのかもしれない。ジョンがメアリーの行為を理解できるのは,目の前で起きていることがジョンの脳の中でも実際に起きているからだ。
 
興味深いことに,かつて現象論の流れを汲む哲学者たちは,何かを本当に理解するには自分の心でそれを経験しなければならないと考えていた。この概念を裏付けるミラーニューロンシステムという物理的根拠が発見されたことで,人間が物事を理解する方法に関する神経科学的な考えは大きく変化することとなった。