茂木健一郎と愉しむ科学のクオリア
サッカーで勝てる脳とは

茂木健一郎
岡田武史
200710

日経サイエンス 2007年10月号

6ページ
( 808KB )
コンテンツ価格: 611

予期せぬ展開で再びサッカー日本代表を率いることになった岡田武史監督。実はこうした事態になる前の2007年夏に,脳科学者の茂木健一郎氏との対談でサッカーや監督業について語っています。当人でさえ無意識のうちに身体が動いたというスーパープレーの時に,脳では何が起きているのか? そういうプレーを選手に頻繁にやらせるために,監督は何をすべきなのか? 脳科学から見た日本人プレーヤーの特徴とは? サッカー人にとって,代表監督とはどういうものなのか? W杯フランス大会時のエピソードも交えながら,岡田監督と茂木さんが熱く語ります。