すばるで迫る暗黒エネルギー

中島林彦(編集部)
協力:須藤靖
200803

日経サイエンス 2008年3月号

12ページ
( 2.7MB )
コンテンツ価格: 713

宇宙に存在する全エネルギーの7割強を占める正体不明の暗黒エネルギーの謎を解明しようと2007年,「暗黒エネルギー研究国際ネットワーク」が発足した。日本の大学,研究機関のほか米プリンストン大学やカリフォルニア工科大学,シカゴ大学,マサチューセッツ工科大学,英エディンバラ大学,ロンドン大学,オックスフォード大学などの研究者も参加する。
 
海外の研究者が日本のプロジェクトに集まってくるのは「暗黒エネルギーの謎を解くための強力な手段を日本が持っているからだ」と,このネットワークのコーディネーターを務める東京大学の須藤靖教授は解説する。「強力な手段」とは,国立天文台がハワイ島のマウナケア山頂(標高約4200m)に建設した「すばる望遠鏡」のことだ。
 
暗黒エネルギーそのものを望遠鏡で観測することは不可能だ。しかし,宇宙に散らばる膨大な数の銀河について,それらの形状や散らばり具合を詳しく調べると,暗黒エネルギーの存在が浮かび上がってくる。
 
そうしたミッションを遂行するには,数十億光年かなたにある暗い銀河の光を集める巨大な鏡を備え,しかも,夜空の広い領域を一度に観測できる能力が求められる。口径8mのすばるは世界最大級だが,同規模の望遠鏡は今や10台以上ある。しかし,「夜空の広い領域を一度に観測できる能力では,すばるが他を圧倒する」(須藤教授)。この能力が暗黒エネルギー研究でカギを握る。
 
現在,暗黒エネルギー探索を1つの狙いとして,すばるの性能を大幅に向上させる観測機器の開発が進んでいる。20世紀末にその存在が明らかになり,人類に突きつけられた21世紀最大の謎ともいえる暗黒エネルギーの解明で,日本が世界の先端に飛び出ようとしている。