“遺伝子商法”に気をつけろ

L. ハーチャー
200803

日経サイエンス 2008年3月号

8ページ
( 1.7MB )
コンテンツ価格: 611

ヒトゲノム計画の完了から10年もたたないうちに,ネット上で“栄養遺伝学”と称するものをさかんに宣伝し,消費者に遺伝子検査と栄養サプリメントを売りつけようとする企業が出てきた。栄養遺伝学的に各個人の遺伝情報を調べれば,強い骨,つややかな髪といった健康のしるしを維持するためにどのようなものを食べたらいいかがわかるという。もっともこれまでのところ,宣伝ほどには中身が伴っていない。
 
栄養遺伝学というこの新しい分野は,まだ科学的基礎が固まっていないのに,それを売り物にするビジネスがしばしば先に広まってしまうことを示す例だ。特定の遺伝子がどのように健康や疾病に関係しているかはまだ科学的に明らかになっていないのに,遺伝子検出技術の商品化が始まってしまったのだ。
 
ヒトゲノムの全DNA塩基配列の解読から得られた情報を利用する,新しい治療法や検査法が徐々に考案され始めている。こうした方法を使って,疾病の予防や診断を行ったり,症状を軽減させたり,ときには病気そのものの治療すら可能になるかもしれない。また,「オーダーメード医療」への道も開かれつつある。食物や薬,日光,運動,アレルゲンなどの刺激に対する体の反応が人によって異なる理由を,遺伝的個人差によって説明できるという考え方にもとづく医療だ。