特集:「起源」に迫る
生物学 生命の起源

A. リカルド
J. W. ショスタク(ともにハーバード大学)
200912

日経サイエンス 2009年12月号

9ページ
( 6.8MB )
コンテンツ価格: 611



 最初の生命はどうやって誕生したのだろう? 2009年の春,英国発のニュースがこの難問に取り組んでいた研究者たちを大いに興奮させた。難関中の難関とされていたプロセスに,ついに答えが見つかったからだ。
 現在の生物に必要不可欠な生体分子には遺伝物質(DNAやRNA)とタンパク質がある。原始の地球に存在した水やアセチレン,シアン化物などといった単純な分子から,タンパク質の構成ブロックができることは半世紀も前から実験でわかっていた。一方,遺伝物質の構成ブロックは難問だった。構成ブロックはさらに3つのパーツに分けることができる。それぞれのパーツは著者らの研究などによって自然に生じるプロセスがわかっていた。また,いったん構成ブロックができてしまえば,短いながらも鎖状につながっていく過程もわかっていた。だが,3つのパーツから構成ブロックができる過程が数十年の課題だった。これに対して英国チームがこの春,ついに答えを見つけたのだ。
 二重鎖になった遺伝物質が複製のためにいったんほどけてばらばらになるプロセスなど,自己複製に必要な細かな反応も外部条件さえ整えば可能であることがわかってきている。脂質の膜でできた小胞が成長して,分裂する仕組みも実験で確かめられている。実験では,まだ生命とは呼べない小胞が“競争”によって一方は消滅し,他方は成長する現象まで起きている。
 いまや,研究者たちはわかっている1つ1つのプロセスをつなぎ合わせて,最初の生命を実験室で復元することに挑み始めている。