深海底のロストシティーが語る生命の起源

A. S. ブラッドリー(ハーバード大学)
201003

日経サイエンス 2010年3月号

7ページ
( 3.6MB )
コンテンツ価格: 611

 21 世紀を間近にひかえた2000年12月,海底で新発見があった。大西洋中央海嶺から西に15kmほどの地点にあるアトランティス岩体を調べていたところ,まったく新しいタイプの熱水噴出孔が見つかったのだ。20階建てのビルに相当する白い柱が林立するその噴出孔は「ロストシティー」と名付けられた。
 そのユニークさはそれまで知られていた熱水噴出孔と比べるとよくわかる。ブラックスモーカーと呼ばれるそれまで見つかっていた噴出孔からは強酸性で 400℃以上のまさに熱水が噴き出ていた。こんな荒々しい環境にもかかわらず,ブラックスモーカーのまわりには1mを超えるチューブワームやカニなど,生き物がひしめいていた。
 一方,新発見のロストシティーは強アルカリ性で,温度は90℃まで。何よりも大事なのは,ここでは生物の力を借りずにメタンやプロパンなどの有機物が作られていること。そして,エネルギーに富んだ水素ガスが噴き出ていることだ。さらにロストシティーには,太陽エネルギーにも,それを利用した光合成の産物である酸素にも頼らない微生物たちが独自の生態系を作っていた。
 最初の生命が誕生した場所は,このロストシティーのような環境だった可能性があると大いに注目を集めている。