DNA医薬の時代

M. P. モロー
D. B. ワイナー(ペンシルベニア大学)
201010

日経サイエンス 2010年10月号

8ページ
( 3.3MB )
コンテンツ価格: 611

 プラスミドという環状のDNAに病原体タンパク質の遺伝子を載せてワクチンとして利用する──このシンプルでエレガントなアイデアは1990年代に登場した。プラスミドDNAを直接,皮膚などの細胞に取り込ませれば,細胞はプラスミドに載せた遺伝子からタンパク質を作り始める。これが抗原となって,免疫がつくわけだ。
 投与するのはタンパク質の遺伝子だから,生ワクチンのように投与後に変異して病原性をもつようになる危険はない。さらに,DNAは常温で保存できるので,冷蔵・冷凍の設備が整っていなくても大丈夫(これは途上国には大きなメリットだ)。そして,製造に時間がかからないので,突発的な流行の出現にも対応しやすい。
 いいことづくめだったが,現実はうまく行かなかった。十分な数の細胞にプラスミドを取り込ませることができなかった上に,首尾よく取り込んだ細胞でも,期待した量のタンパク質を作らなかったのだ。
 しかし,アイデアそのものは悪くない。10数年にわたって改良が続けられた。細胞への導入方法の工夫,遺伝子の配列を最適化することでタンパク質合成の効率アップ,抗原タンパク質の遺伝子だけでなく免疫増強剤(アジュバント)の遺伝子もプラスミドに搭載,などなど。こうした改良の結果,DNAワクチンは効果が飛躍的に高まった。DNA医薬は,ワクチンとして感染症の予防をするだけでなく,がんの免疫療法,タンパク質の補充療法などにも期待されている。