のんで効く医療ロボット

P. ダリオ
A. メンチャッシ(ともに聖アンナ大学院大学)
201011

日経サイエンス 2010年11月号

5ページ
( 3.0MB )
コンテンツ価格: 509

 映画『ミクロの決死圏』が公開された1966年当時,ミニチュアになった医師たちが患者の命を救うために血管のなかを脳まで旅して手術をするというこの物語は,純然たるSFだった。ハリウッドがこの作品をコメディー仕立ての『インナースペース』として1987年にリメイクしたころ,実世界の技術者たちはすでに,医師に代わって患者の胃腸管のなかを探検できる錠剤サイズの小型ロボットの試作機を作り始めていた。
 2000年には,商業的に作られた初のカプセルカメラの利用が始まった。患者が呑み込んで使うこれらのカプセルカメラはそれ以降,小腸のヒダなど以前なら手術なしでは手が届かなかった場所について,驚きの映像を提供してきた。
 『ミクロの決死圏』のうち,依然としてSFの領域にとどまっている重要な部分がある。小型カプセルカメラ自身が動力源を備えて自らを操縦し,がん病巣へ泳いでいって生検試料を採取したり,小腸の炎症部分をチェックしたり,腫瘍に治療薬を投与したりする機能だ。
 しかし近年,従来の受動的カプセルカメラの基本要素を能動的なミニロボットに変える研究開発が大きく進歩した。いま動物でテスト中の先進的な試作機は,足と推進機構,精巧な撮像レンズ,無線誘導システムを備えている。これらのミニロボットが臨床試験される日も近いだろう。
 スクリーニング検査や診断,治療処置を行う能動型カプセルカメラに体内で仕事をさせるには,難しい工学的課題がある。それらに挑戦することを通じて,創造的な解決策が生まれてきた。ロボット工学や他の医療技術全般に影響を及ぼすだろう。