幾何学で迫る究極理論

A. G.リージ(フリーの科学者)
J. O.ウェザロール(カリフォルニア大学アーバイン校)
201103

日経サイエンス 2011年3月号

11ページ
( 7.6MB )
コンテンツ価格: 713

 2007 年,著者の1人である物理学者のリージは,その年に最も多く語られることとなった1編の論文を発表した。物理学の新たな統一理論「E8理論」の提唱だ。彼がサーファーとしての生活も送っていることもあって,その論文はThe New YorkerやOutsideなどの雑誌にも取り上げられた。リージらは,その後もその理論を発展させる努力を続けている。
 アインシュタインの一般相対性理論と量子論を調和させるには,根本的な概念の変更が必要だと多くの物理学者は考えている。これに対してリージは,現代量子物理学の幾何学的枠組みは,アインシュタインの理論を取り込むように拡張することが可能であり,その拡張によって物理学者が長年にわたって探し求めてきた物理学の究極の統一理論へとつながると主張する。
 たとえリージが間違っていたとしても,彼が開拓したE8理論が,統一理論と呼ばれるべきものがいずれ解明しなければならない,素粒子物理学の世界に潜む驚くべきパターンを浮かび上がらせたことは事実だ。