しのび寄るスーパー耐性菌

M. マッケンナ(科学ジャーナリスト)
201107

日経サイエンス 2011年7月号

10ページ
( 3.8MB )
コンテンツ価格: 713

 人類は感染症との闘いに勝利を収め,医学の焦点はがんや生活習慣病に移った──そう思っている人は多いだろう。だが実は今,ほとんどの薬が効かず,治療が極めて難しい「スーパー耐性菌」が世界中に広がっている。「最後の砦」と言われた強力な抗生物質でも治療できず,患者は相次いで命を落としている。耐性菌の出現は今に始まったことではないが,今回は菌どうしが種を超えて耐性遺伝子を受け渡し,出合ったことのない薬剤にも耐性になっている点でより深刻だ。これまでは主に病院内で集団感染を起こしていたが,ついに市中にも広がり始めた。人類は今や,感染症になすすべもない時代に逆戻りしつつあるのかもしれない。