革新のエンジン

E. グレーザー(ハーバード大学)
201112

日経サイエンス 2011年12月号

7ページ
( 2.5MB )
コンテンツ価格: 611

 ネット社会が到来,世界のほぼどことでも瞬時に,非常に安く連絡がとれるようになった。ならば犯罪や大気汚染,騒音,過密化に悩まされる都市に住む必要はなくなるのではないか? そう考えてもよさそうだが,都市の繁栄は続いている。ネットが普及した時代であっても,リアルに接触できる機会が多い都市のメリットは失われないと著者は言う。都市は社会・経済活動を加速,多様化させる場となっている。