失われた大陸ララミディアの恐竜

S. D. サンプソン(ユタ自然史博物館)
201206

日経サイエンス 2012年6月号

9ページ
( 5.2MB )
コンテンツ価格: 611

 恐竜がのし歩いていた9000万年前から7000万年前の中世代白亜紀後期,北米大陸はロッキー山脈の東側を境に,海によって東側のアパラチア大陸と西側のララミディア大陸に分かれていた。約30年前,「ララミディアの北部と南部では異なる種類の恐竜集団が数百万年にわたって生息していた」とする説が発表されたが,ララミディアは北米大陸の1/5しかない小さな大陸であり,それほど多くの恐竜種が共存できたとは考えにくいとする反論があった。それが近年の研究の進展で,この説はやはり正しいことが裏付けられた。ではなぜ多くの恐竜種が共存できたのか? 恐竜が小食だったなどいくつかの理由が考えられている。