進化する摩天楼

M. ラムスター(建築史研究家)
201207

日経サイエンス 2012年7月号

9ページ
( 5.0MB )
コンテンツ価格: 611

 史上まれにみる超高層ビルの建築ブームが起きている。牽引役は,急激な都市社会化が進むアジア圏(中東地域も含む)だ。2001年以降に建てられた超高層ビルは350棟前後に達し,全世界の超高層ビルの数は倍以上に増えた。高さ300mを超える「超々高層ビル」もこの10年間で倍になっている。2010年にアラブ首長国連邦のドバイで完成した「ブルジュ・ハリファ」は高さ828mで世界一高いビルとなったのはもちろん,世界第2位の「台北101」(2004年完成)より320mも高い。この差はほぼ東京タワーの高さに相当する。超高層ビルは人口増や温暖化といった,今世紀における地球規模の課題を解決する糸口をもたらすだろう。