地球は冷えるか

宮原ひろ子(東京大学)
201208

日経サイエンス 2012年8月号

6ページ
( 1.7MB )
コンテンツ価格: 611

 太陽活動(太陽の黒点活動)が変わることで地球の気候にどのような影響が出るのだろうか。太陽放射の変化,中でも紫外線の放射量の変化など要因はいくつか考えられるが,最も有力なものとして,銀河宇宙線との関係が注目されている。地球に進入する宇宙線が増えると,低層の雲の量が増えるという有力な説がある。
 電荷を持つ宇宙線は,太陽の磁場が作り出すカレントシートという「壁」に阻まれると,太陽圏には進入しにくくなる。太陽活動が弱まり,このカレントシートの壁が低くなると,宇宙線は入り込みやすくなる。そこで,太陽活動の低下→太陽の磁場の弱まり→宇宙線の増加→雲の増加→太陽光の反射率の増加→気温低下というように,太陽活動の変動が宇宙線の変動を介して,気候変動へと一本の糸で結ばれることになる。
 太陽活動が極めて静かだった過去の代表的な時期として,17世紀を中心とした「マウンダー極小期」がある。この時期は,宇宙線の進入が多く,気候が寒冷だったことがわかっている。マウンダー極小期には,太陽が作り出すカレントシートはほとんど平らになり,この真っ平らになったカレントシートをつたって,大量の宇宙線が入ってきていた考えられる。太陽活動がだんだんと静かになってきている現在,マウンダー極小期と類似したともいえる,気候のパターンが見え始めている。