日本でも起きた大竜巻

中島林彦(編集部) 
協力:加藤輝之(気象庁気象研究所)
小林文明(防衛大学校)
201208

日経サイエンス 2012年8月号

8ページ
( 3.9MB )
コンテンツ価格: 713

 2012年,ゴールデンウィーク最終日の5月6日昼頃,関東平野北部から福島県南部にかけて4つの竜巻が発生した。そのうち,筑波山参拝の門前町,つくば市北条を襲った竜巻の規模は日本で起きた竜巻のトップ3に入るとみられている。竜巻による被害は合わせて死者1人,負傷者約60人,破損建物は約2000棟。竜巻を生んだ巨大積乱雲の進路が少し南西によっていたり,成長のペースが少し速かったりしたら,竜巻は東京の住宅密集地で起きた可能性があった。そもそも竜巻はどのように生み出されるのか,つくば市が竜巻に襲われた当日,上空ではどんなことが起きていたのか,竜巻の被害を抑制するにはどうすればよいのか,竜巻の研究最前線を報告する。

再録:別冊日経サイエンス195「空からの脅威」