特集:マイクロバイオーム
個人差を生むマイクロバイオーム

服部正平(東京大学)
201210

日経サイエンス 2012年10月号

8ページ
( 2.1MB )
コンテンツ価格: 600

 血縁関係が近かったり,同じ衣食住の環境にあっても,ヒトの体内の細菌叢のパターンは1人ひとり異なる。一卵性双生児の間でも違いがみられる。
 一方で,ヒトの細菌叢の持つ遺伝子を調べると,多くの人が共通した細菌の遺伝子機能を持っていることがわかってきた。細菌の種類は様々であっても,その遺伝子(機能)はほぼ同じである。ヒトは自らに役立つ遺伝子をもとめて細菌を選んできたとみることができる。
 細菌叢の遺伝子をひとまとめにして解析するメタゲノム解析という方法で,こうしたマイクロバイオームの謎が次第に解き明かされてきた。
 腸内細菌など腸管の細菌叢の乱れが,免疫機構を通じて,全身の病気や健康と関係しているという見方が有力になっている。