緊急特集:山中伸弥京大教授がノーベル賞受賞
生命のプログラムを巻き戻す

鹿児島昌樹(日本経済新聞科学技術部長)
201212

日経サイエンス 2012年12月号

8ページ
( 3.1MB )
コンテンツ価格: 611

 2012年のノーベル生理学・医学賞受賞が決まった京都大学の山中伸弥教授は,生命科学と医療に革命を起こしつつある。1個の受精卵が多様な細胞に分化して手足や骨,皮膚,神経など様々な臓器や組織を作り,個体を形成するのが発生のシナリオだ。山中はこのシナリオを逆転させ,皮膚の細胞から,どんな細胞にも分化できる万能細胞を作り出した。わずかな数の遺伝子を組み込むことで,生命のプログラムを巻き戻せる。それは発生学や生物学の常識を覆す,驚異の発見だった。iPS細胞は今,実験室で発病の過程を再現するという新たな研究方法を実現し,患者自らの細胞を使って傷んだ臓器や組織を修復する再生医療の扉を開こうとしている。その発見の経緯と,山中自身が歩いてきた道を振り返る。

 本記事は日経サイエンス2011年11月号の特集:世界を変えた日本の頭脳「山中伸弥:生命のプログラムを巻き戻す」を加筆・修正して再録したものです。記事中には受賞が発表された当日に京都大学で行われたインタビュー記事も掲載されています。