眠りから覚める古代DNA

K.L. キャンベル(カナダ・マニトバ大学)
M. ホフライター(英ヨーク大学)
201304

日経サイエンス 2013年4月号

8ページ
( 2.4MB )
コンテンツ価格: 611

 恐竜をクローン技術で蘇らせるのは映画『ジュラシック・パーク』の中だけの話。一方,化石ではなくミイラ化した死骸が見つかっているマンモスについてはクローンができるのではないかと専門家が検討したが,現時点では無理とわかった。では,そうした試みはまったくの徒労なのかというと,そうではない。試験管実験で,マンモスの体内で起きていた生理現象を一部再現できるようになったのだ。著者らは,マンモスの血液中にあったのと同じ形態と機能を持つヘモグロビンを作り出し,その働きを調べることで,マンモスが寒冷環境に耐える秘密の一端を明らかにした。古代DNAを用いて絶滅動物の生理過程を探る「古生理学」の誕生だ。