ロボット蜂は飛ぶ

R. ウッド(米ハーバード大学) ほか
201306

日経サイエンス 2013年6月号

7ページ
( 1.6MB )
コンテンツ価格: 611

 ミツバチやアリなどの社会性昆虫は,1匹1匹は非力で頭もあまりよくはないが,群れ全体としては人間顔負けの優れた仕事を成し遂げている。これにヒントを得た人工知能が「群知能」と呼ばれるもので,個別には処理能力の小さなコンピューターやロボットを群れとして協力させることで賢さを引き出す。この記事の著者ら米ハーバード大学のチームは,まさにハチのように飛ぶ大きさ数cm・重さ1g足らずの小型ロボット「ロボビー(RoboBees)」を試作して,群知能を持たせる研究を実施中。ロボット蜂は震災の現場を飛び回って瓦礫に埋もれた生存者を見つけ出すなど,大きな力になってくれるかもしれない。