燃料コストの真実

M. インマン(サイエンスライター)
201307

日経サイエンス 2013年7月号

4ページ
( 1.8MB )
コンテンツ価格: 500

 カナダのタールサンドや米国のシェールガスなど,在来とは異なる石油・天然ガス資源の開発が進んでいる。日本では海底のメタンハイドレートに期待がかかる。在来資源が細るなかで必然的なアプローチに思えるが,これらの掘削にはより多くのエネルギー,つまりコストが必要になる。どのエネルギー源に投資するのが経済的に賢いのだろうか? 判断の決め手となるのは「エネルギー収支比(EROI)」という指標。燃料の生産に使われた単位エネルギーあたりの発生エネルギー,つまり得られる正味エネルギーの比を示すものだ。様々なエネルギー源について入力と出力を調べてその収支比を算出,これに基づいて実力を比較した。