特集:未来へのタイムトラベル
50,100,150年後の世界

M. カミングズ(マサチューセッツ工科大学)
R. ローゼンバウム(ジャーナリスト)
R. ルイス(ジャーナリスト)
T. ラブジョイ(ジョージ・メイソン大学)
D. W. キース(ハーバード大学)
A. パーカー(ハーバード大学)
E. レジス(サイエンスライター)
201309

日経サイエンス 2013年9月号

14ページ
( 6.9MB )
コンテンツ価格: 700

 今から50年,100年,150年後の科学技術はどうなっているだろうか?SCIENTIFIC AMERICANには50年,100年,150年前の本誌に何が書かれていたかを紹介する「サイエンス考古学」が毎号載っている。これが可能なのは,本誌が最先端の科学と技術を167年以上にわたって読者に紹介してきたからにほかならない。例えば1962年10月号ではDNAの構造の発見者の1人クリック(Francis Crick)がこの素晴らしい分子の重要性を説明し,心理学者のフェスティンガー(Leon Festinger)が「認知的不協和」とは何かについて書いている。

 過去は未来を予測する上でよいよりどころになる。そうした考えから,この記事では,これまでに本誌に寄稿してくれた人々に今から50年,100年,150年後の世界がどうなっているか想像力を膨らませてもらった。車は空を飛んでいるか? コンピューターはまだ存在しているか,存在しているとしたらどのようなものになっているか? 核兵器は廃絶されているか? 技術の進歩によって気候変動は食い止められているか,それとも状況は悪化しているか? ますます混み合う地球で,トラなどの野生動物の運命は? 病気にならないための遺伝子改変技術はどれほど進んでいるか? 人類が地球を旅立っているとしたら,その旅は人間をどう変えているか?

 そうした疑問に対する答えを紹介していく。いや,正確に言えば答えではない。私たちは未来はこうだと予測するつもりはない。むしろ,現在の世界を理解し,次に何が起こるかについて考えを巡らすために,科学的事実に基づいた思考実験をしたいと思う。

一家に一台,飛ぶ車  M. カミングズ
苦い経験を経て核ゼロへ  R. ローゼンバウム
遺伝子治療が医療を革新  R. ルイス
迫り来る“絶滅の津波”  T. ラブジョイ
改造された地球の運命  D. W. キース/A. パーカー
コンピューターの未来を予測する大胆かつ愚かな試み  E. レジス