乱流の中の秩序

D. マッケンジー(サイエンスライター)
201403

日経サイエンス 2014年3月号

5ページ
( 1.8MB )
コンテンツ価格: 500

 海の流れや風などはカオス的な自然現象だが,あるラインを境に流れの向きが大きく変わっていることがある。そうした目には見えない境界線を「輸送障壁」という。いわゆる「ラグランジアン・コヒーレント構造」の一種で,様々なカオス的な現象の挙動を予測できる可能性が出てきた。この構造を理解することは,流出原油の回収や,海難事故の捜索活動に役立つだろう。血流や気象など乱流現象の解明にも有用だ。