特集:標準モデルのほころび
リサ・ランドールが語る展望

語り:L. ランドール(ハーバード大学)
201404

日経サイエンス 2014年4月号

4ページ
( 2.1MB )
コンテンツ価格: 500

 現在の素粒子物理学の基盤となっている標準モデルにほころびが見えている。ではその先にどんな世界が待っているのか。標準モデルを超える有望理論である超対称性理論と余剰次元の理論の研究で知られる米ハーバード大学教授のランドール博士が1月下旬に来日した折,話を聞いた。