自然エネルギー
主役までの長い道

V. シュミル(カナダ・マニトバ大学)
201407

日経サイエンス 2014年7月号

6ページ
( 1.3MB )
コンテンツ価格: 611

 薪から石炭へ,さらには石油へという過去の主力エネルギーの移行にはいずれも50〜60年という長い年月を要した。現在は石油から天然ガスへの移行期にあたっているが,この移行ペースも似たようなものだ。こうした経緯を冷静に分析すれば,太陽エネルギーや風力,バイオ燃料といった再生可能エネルギーへの主役交代が,これまでより早く進むと考える特段の根拠はない。主力エネルギーの移行に長い年月がかかる理由は何か? また,期待が大きい再生可能エネルギーへの移行時期を早めるためには,どのような政策誘導が望ましいのか? エネルギー問題の専門家が歴史を踏まえたシナリオを示す。