特集:新説 宇宙の起源
始まりは4次元ブラックホール

N. アフショルディ
R. B. マン
R. プルハサン(いずれもカナダ・ウォータールー大学)
201411

日経サイエンス 2014年11月号

10ページ
( 3.2MB )
コンテンツ価格: 700

 宇宙は密度無限大の点から突然誕生したと考えられているが,なぜそんな特異な点が存在したのか,謎に包まれている。この特異点の問題をうまく回避できる新しいアイデアを著者らは提唱している。高次元の宇宙で超新星爆発が起き,ブラックホールが形成された結果として私たちの3次元宇宙が出現したというものだ。このアイデアによって,宇宙にまつわる根本的な難問のいくつかが解決する。しかもこの理論は,観測によって検証できる可能性もある。